便秘になるメカニズム

改善便秘とは、便がスムーズに出なくなり、不快感があるという状態を指します。排便のペースは個人差があり、毎日必ず出さないと便秘であるという訳ではなく、明確な定義はありませんが、以前は毎日排便があった人が、3日排便がない場合、これは便秘であると言えます。あるいは、一週間排便がない人でも、排便時スムーズであり、不快感がなければ、便秘ではないということになります。

便秘とは「排便ペースが乱れている」状態を指し、その原因は様々ですが、大半が緊張やストレス水分不足食物繊維不足のような、食生活、生活習慣の乱れと言われています。暴飲暴食、過度なストレスを受けることで、腸内環境は善玉菌が劣勢になり、悪玉菌が優勢になって腸内がアルカリ性になってしまいます。結果、善玉菌の動きが鈍くなり、消化が上手く機能せず、排便ペースが乱れ、「便秘」の状態に陥ります。

この便秘のメカニズムを理解し、まずは食生活や生活習慣を見直すことが大切です。加えて、健康食品であるオリゴ糖を利用することで、総合的な改善へと導くことができます。では、便秘改善になぜオリゴ糖が有効なのか、その効果について、大腸とオリゴ糖の関係についてきちんと知っておきましょう。