オリゴ糖の働きとは

善玉菌オリゴ糖とは一度は耳にされたことがあると思いますが、実際大腸にどのように働きかけるかご存知でしょうか。便秘とは、排便ペースが乱れる状態です。このペースを元に戻すには、一時的に薬に頼って排便を促すだけでは根本的解決にはならず、大腸の中の善玉菌を増やして腸内環境を弱酸性に保つことが大切になります。では、その善玉菌を増やす為の栄養源となるのが「オリゴ糖」の役割となります。

オリゴ糖を摂取することで、ビフィズス菌等の善玉菌の栄養源となり、乳酸等に分解され、腸内のぜん動運動を促し、便意を感じやすくなります。また、善玉菌が増えることで、腸内が酸性に傾くと、悪玉菌は活力を失い、善玉菌が活発になり、便秘予防にもなります。オリゴ糖は、便秘改善を促し、更に便秘予防にもなる優れた健康食品ということがお分かりいただけると思います。

便秘を根本的に治す為に大変有効ですので、便秘に長年悩まれている方は、ぜひ一度オリゴ糖の摂取を試すことをお勧めします。もちろん、水分補給もこまめにして、ストレスがたまっている場合には、リラックスできる時間をとる、あるいはリラックスできる術を知っておくことが大切です。慢性便秘になると、他の症状も引き起こすことがあるので、注意してください。